通常、我々がダイビングで使うタンクには『空気』が入っています。空気は約21%の酸素と約79%の窒素でできているのですが、エンリッチド・エアはその酸素の割合を増やし、窒素を減らした『次世代ガス』なのです。


酸素の割合を増やし、窒素の割合を減らすので、
減圧症のリスクが大幅に減少します!
また、空気に比べて窒素の割合が低いので、同じ深度なら通常の空気よりもNDL(減圧不要限界)が著しく延びます。特に水深18m以深ではその効果が高まり、コンピューターによるマルチレベルダイビングをすることで格段の潜水可能時間の延長をみせます。

空気 VS エンリッチドエアー 水中滞在可能時間の差!
潜水深度 空気
(酸素約21%)
EAN32
(酸素約32%)
EAN36
(酸素約36%)
18m 56分 95分 125分!
20m 45分 75分 95分!
22m 37分 60分 70分!
24m 29分 50分 60分!

エンリッチド・エアなら通常の空気より窒素の量が少ない為、減圧症のリスクが軽減でき、さらにダイビングできる時間が長くなります。しかしながら、本質的に注目すべきは潜水時間を長くすることではなく、空気と同じダイビングをした際に、安全性が飛躍的にアップすることなのです。

また、以下のような方にはエンリッチド・エアがオススメです!

1日複数潜水を楽しみたい方
中高年者の方

 (42歳以上の方は、通常の空気では、減圧症のリスクが高くなります)

喫煙している方
 (喫煙は減圧障害を重症化させるリスク要因とされています)

肥満・体脂肪率の高い方
 (肥満も減圧症の重要なリスク要因です)

アルコールを多く飲む方
 (アルコール摂取は脱水の原因になり、減圧症を誘因します)

3本潜ると疲れるという方
 (高濃度の酸素を使うと運動後の疲労回復が早く疲れにくい)


エンリッチドエアーを使用すことのメリットでよく聞く感想

◎ダイビング中
◆陸上に居る時と変わらず頭がスキッキリしている
◆視覚が広くなった
◆小さなものが良く見える(探せる)                
◆長い移動をしても息が切れなくなった
◆足がつりにくくなった
◆頭痛がしなくなった。
◆残圧が残るようになった(毎分あたりの呼吸量が減っている)

◎ダイビング後
◆疲労感が無く(少ない)身体が楽
◆いつもは2本で疲れていたが3本目も苦なくできるようになった。
◆睡魔が襲ってこなくなった
◆運転していて眠気がなくなった
◆自宅に帰ってからの疲労感が違う


これらの感想は個人差があり、「あんまり感じなかった」「意味ないよ」という理由でエンリッチドエアーを勧めないインストラクターや。使用しないダイバーもいます
しかし、これらはあくまで「副産物」でしかなく、本当に大切なことは「体内の残留窒素が減ることによる減圧症の予防」
であることを忘れてはいけません。

エンリッチドエアーを使用しての感想
まず、海から上がってきた時「体が軽い!」と思いましたね。そして、その後の車の運転時などに感じる疲労度が全く違いました。潜水後の残留窒素量などは、目には見えないので計算上でしか分からないのですが、身体的には確実に実感する事が出来ます。減圧症のリスク軽減や、潜水時間の延長などメリットが多いエンリッチドエアーは今後必ず普及していきますし、山形で安定供給できることは全国的にも先駆けです。
現在沖縄店ではこのエンリッチドエアーを製造する業務を行っているので、他店とは一味ちがう製造業者視点のコースが受講できるかと思います。
「次世代エアー」と呼ばれるエンリッチドエアーも今や常識になりつつあります。エンリッチエアーでさらに安全ダイビングをしましょう。

                       PADIコースディレクター 高宮大輔
                                  812821-CD







さらに詳しく知りたい方はこちらをクリック